代理店はいかに多くの商品を売るだけかのみが仕事ではない

そもそも代理店が利益を出すためには

基本的に代理店は自社の商材を持っていません。製品を生産していたりサービスを展開している会社に代わり、営業や販売をする契約を結んで商品を売ることが主な仕事になります。そして売れた場合には契約を結んでいる会社から一定のマージンを得て、それが会社の売上になるのです。ですので、いかに商品を売るか、ということが主だった仕事になります。営業や販売など商品を売る手法は商材や得意分野によって異なりますが、売るという一点においてはどの代理店でも基本的に変わりはありません。

売るためには工夫も必要

消費者に商品を売るためには工夫をする必要があります。例えば割引であったり、おまけであったりと手法は様々ではありますが、代理店契約を結ぶ会社によっては、そうした工夫が契約上で不可能な場合もあります。そうした場合は代理店独自に規則の範囲内でできる限りのサービスを展開する必要があります。例えば求人広告代理店であれば掲載する原稿内容の質を上げたりなど、商材によってもその手法は変わるので、それぞれに合った最適なサービスを展開する必要があるのです。

代理店同士で客を奪い合う

同一の会社の商品を売る権利を持った別の代理店と、時に客を奪い合うこともあります。同じ商品を取り扱っていることになるので、差別化は非常に難しいのではありますが、与えられた規則内でのサービスで勝負をしていく外にありません。また、商品を販売する営業の魅力によっても消費者は同一の商品でも購入する会社を変更することがありますので、営業としての手腕が問われるところでもあります。最も理想的なのは、ライバルのいない商圏で営業や販売を行うことでしょう。

代理店は商品開発をした企業に代わって商品販売を行う店舗です。このような店が増えることで消費者にとって便利になります。