Archive For 2015年7月5日

代理店はいかに多くの商品を売るだけかのみが仕事ではない

そもそも代理店が利益を出すためには

基本的に代理店は自社の商材を持っていません。製品を生産していたりサービスを展開している会社に代わり、営業や販売をする契約を結んで商品を売ることが主な仕事になります。そして売れた場合には契約を結んでいる会社から一定のマージンを得て、それが会社の売上になるのです。ですので、いかに商品を売るか、ということが主だった仕事になります。営業や販売など商品を売る手法は商材や得意分野によって異なりますが、売るという一点においてはどの代理店でも基本的に変わりはありません。

売るためには工夫も必要

消費者に商品を売るためには工夫をする必要があります。例えば割引であったり、おまけであったりと手法は様々ではありますが、代理店契約を結ぶ会社によっては、そうした工夫が契約上で不可能な場合もあります。そうした場合は代理店独自に規則の範囲内でできる限りのサービスを展開する必要があります。例えば求人広告代理店であれば掲載する原稿内容の質を上げたりなど、商材によってもその手法は変わるので、それぞれに合った最適なサービスを展開する必要があるのです。

代理店同士で客を奪い合う

同一の会社の商品を売る権利を持った別の代理店と、時に客を奪い合うこともあります。同じ商品を取り扱っていることになるので、差別化は非常に難しいのではありますが、与えられた規則内でのサービスで勝負をしていく外にありません。また、商品を販売する営業の魅力によっても消費者は同一の商品でも購入する会社を変更することがありますので、営業としての手腕が問われるところでもあります。最も理想的なのは、ライバルのいない商圏で営業や販売を行うことでしょう。

代理店は商品開発をした企業に代わって商品販売を行う店舗です。このような店が増えることで消費者にとって便利になります。

道行く人をお店に誘い込む!魅力的な看板で集客力アップ

お客を店に引き込むには看板

お店を経営していく上でお客を店に引き込めるかどうかというのは売上げに直結する重要なポイントです。それを実現するためにはお店の知名度と人気を上げることが第一ですが、それを実現するためにもまずは集客を行わなければなりません。ビラ配りや折込チラシの利用等の様々な方法がありますが、店舗を構えているからには道行く人をお店の中に引き込むことが最も直接的な方法です。その手段として最も有用なのは看板に他なりません。

看板で集客することのメリット

看板で道行く人を引き込むことのメリットは、直接的な働きかけになることによって高い集客効果が期待できるということです。どんな商品やサービスを提供しているのか判然としていなかったり、そもそもお店であるのかどうかさえわかっていなかったりした場合にも、魅力的な看板を一枚出すだけで目を引くことができ、お店として何をしているのかを認識してもらうことができます。客引きと違って人件費もかからないことから気軽に実践できる効果的な集客方法なのです。

効果的なデザインを持つことが必須の看板活用

看板が集客の目的で有用であるといっても、それを見てもらうことができなければ話になりません。つい見てしまうような工夫が施されていることが街頭の看板には必須のことであり、そのわずかに目線が行ったときに認識してもらえる形で情報が記載されている必要もあります。そのためのデザインが看板に要求されることは留意が必要です。周囲から際立って見える配色としたり、お得な情報が一目で分かるようにさらにその中で色分けをして目を引くようにデザインすることが大切になるのです。

看板とは、店や企業が宣伝・広告、目印、標識といった情報を伝えるための表示物のことです。そのお店が何の商売をしているかとか、制限速度の表示といったことを示しています。

レンタカーやカーシェアリングの上手な活用

レンタカーの上手な利用

レンタカーはやはり一日単位で借りる事で無ければ、6千円ほどのレンタル料金を支払う事となりますが、実際に企業側が契約を結んでいるレンタカーは月契約であり、コスト的に考えても割りと安い条件で加入する事が出来るでしょう。そこを考えて行くと正に購入するよりも経済的であり、ある程度メンテナンスの部分に置いたもレンタカー業者が行う事となる為、リースの方法を活用しながら自動車を活用している企業も増えている様です。

カーシェアリングとは

レンタカーの分類でもカーシェアリングの活用に関して考えると、そこで一日単位ではなく分単位で借りれる自動者と言った条件で特に若者などが数時間車を使いたいときなどこのカーシェアリングを利用してコスト的にも安い利用が出来る事となる為、より良い活用術が展開出来るでしょう。若者の車離れは、問題ですがこう言ったカーシェアリングの様な安くて分単位で借りれる自動車の存在は今後のレンタカー業界でも素晴らしい取り組みとなります。

レンタカー業界の今後について

レンタカー業界も、特にカーシェアリングの躍進が続いている状況を考えると、分単位で自動車を借りたりするサービスが特に受け入れられている事となり、より良い活用が行える事となっている様ですよ。やはり自動車を手軽に活用出来る状況ではこうしたレンタル事業が今後も活躍していく事が十分に期待出来て、更なるサービスが新たな事業展開の中で見つけられる事となれば、特に需要のある利用方法が他にも出来るのかも知れません。

レンタカーを長期借りる場合は借りた店舗やカーショップでメンテナンスを行っておけば安心して乗る事が出来ます。